ワンハンドローイング

背中の筋トレ「ワンハンドローイング」について説明します。

1.ベンチに片方の手とひざを着いてうつ伏せになり、反対の手にダンベルをぶら下げてスタンバイします。
ワンハンドローイング
この時、上の写真左側のように背筋を伸ばし、
目線を前に向けて下さい。

上の写真右側のように背中が曲がっていると、
腰に負荷がかかり、怪我や障害の原因になってしまいます。

2.背中の筋肉を意識的に収縮させ、ダンベルを引き上げます。
ワンハンドローイング
ダンベルを引く時は、真上では無く、
写真のように斜め後ろに引き上げて下さい。

真上に引こうとすると、肩が上がってしまい、
負荷が背中から肩に逃げてしまいます。

また、下の写真のように、
無理に引き上げようとするあまり、
体をねじってしまわないように気をつけて下さい。
ワンハンドローイング
体が真っ直ぐな状態を保ったまま行ったほうが、
背中の筋肉によく効きます。

3.背中の筋肉に負荷を感じながらダンベルをゆっくりと下ろします。
ワンハンドローイング
ダンベルを下ろす時も、同じ軌道で、
背中の筋肉に負荷を感じながら
そして、
背中の筋肉で負荷に耐えながら
ゆっくり、じわじわと下ろして下さい。

ここまでで、1レップ(回)です。

ダンベルを下ろしたら、
休まずに次のレップ(回)を行って下さい。

筋トレメニュー一覧を見る